<< 絶望なう | main |

スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

at , スポンサードリンク, -

-, -, - -

五年生存記念日の誓い



6月の絶望なうから、

気付けば、5か月も経っとるがな。


あの絶望は、

夏の終わり頃まで続いて、


病院をハシゴしまくり、

悩みに悩み抜いた末、一つの賭けに出た手術を、10月に受けた。


そして、今日、11月11日、

発症から丸五年。


「五年後生存率10%」


五年前、その数字に出会った時も、あまり大きな動揺はなかったな。


でも、いつも、どこかでは、


愛する人たちのいない世界にいく恐怖、みたいなものを、一人抱えていた気がする。


当たり前に生きた日は、一日もなかった。









今日、友人が五年生存祝いにくれた、
パソコン作業用のあったか手袋。

手の痛いわたしには本当にありがたい。





娘たちからの花束。









もうブログを書く気はなかったけど、
なんとなく記念に(笑)


人は傷ついた分だけ優しくなるという。


でも、きっと人は、無意識でいると、


傷ついた分、臆病になったり、

攻撃的になったりするんじゃないかな。


そんな自分に打ち勝った強い人だけが、


きっと、本当に優しい人になれるんじゃないかな。



ここからは、強くなろうと思う。


強い人は、


はじめから強かったわけじゃなくて、


強くなるんだと、ある日、

心に決めた人だと思うから。



五年生存記念日の誓い。



at 17:57, naosun(なおさん), -

-, -, - -

スポンサーサイト

at 17:57, スポンサードリンク, -

-, -, - -